アマドコロ

最終更新日
2016/06/20
●学名
Polygonatum odaratum var.pluriforum
●科名
ユリ科アマドコロ属
●花期
4月〜5月
●生育地
日本全土に分布。山地や野原などに生える多年草。
●特徴

地下茎は横にのび、その先端から陵角のある茎を立て、高さ30〜80pになる。葉は互生し、長楕円形で長さ5〜15p、幅2〜5p、裏面は粉白を帯びる。葉のわきから、1本または基部で二つに分かれた花柄を出し、その先に長さ2pほどの緑白色の花を垂らす。

●写真集
ミヤマナルコユリの花アマドコロ 八島湿原
●育て方

寒さに強く比較的丈夫な草。環境もさほど気を使うことはなく、日当たり、半日陰どちらで管理しても良い。水を好むので、水げれには注意。

植え替えは、地上部が枯れた晩秋か発芽前の早春に行う。

用土は特に選ばないが、赤玉土・硬質鹿沼土の等量混合土でよい。

増殖は株分けが一般的だが、実生や庭植えも良く増える。

●近縁種

ナルコユリ (山地の林下に生える多年草。)

ミヤマナルコユリ (山地の林下に生える多年草。)

●和名
甘野老。和名は地下茎がトコロ(ヤマノイモ科)に似て、甘みがあることによる。
●参考図書
野に咲く花(山と渓谷社)、山草図鑑(栃の葉書房)