オオバギボウシ

最終更新日
2017/04/01
●学名
Hosta sieboldiana
●科名
ユリ科ギボウシ(ホスタ)属
●花期
6月〜8月
●生育地

北海道、本州・四国・九州に分布。山地の草原や林縁に生える多年草。

●特徴

高さ50〜100cmになる。葉は卵形〜卵状楕円形で葉脈がよく目立つ。
シーボルトの学名を持つ。

●写真集

オオバギボウシの花オオバギホウシ 白馬・栂池

●育て方

日当たりと風通しの良い場所で管理するが、夏は木漏れ日程度の半日陰へ。特に斑の入ったものは葉焼けしやすいので、強い日差しには当てない。

湿った場所に生えるが、過湿にせず、灌水も乾いてから十分に与える。

2〜3年ごとの春に植え替える。

用土は赤玉土・硬質鹿沼土を混合し、根が長く伸びるので中深鉢が適している。
浅鉢なら根を横に広げて植え付ける。

増殖は株分けか実生による。

●近縁種

イワギボウシ (本州の関東地方・東海地方に分布。山中の樹上や岩上に自生する。)

ウナズキギボウシ (本州の近畿地方南部・四国東部に分布。花序が垂れ下がるのが特徴。)

コバギボウシ (葉が披針形から長楕円形の種で日なたの湿地に生え、本州から九州に分布する。)

タチギボウシ (北海道・本州の中部地方以北の日当たりの良い湿地に自生。高さ100cmと全体に大型。葉は広楕円形〜長楕円形。)

●和名
大葉擬宝珠。 別名トウギボウシの名でも呼ばれる。
ギボウシの名はつぼみの形が橋の欄干の擬宝珠に似ることにちなむ。
●参考図書
山草図鑑(栃の葉書房)、山野草大百科(講談社)