シャクヤク・芍薬

最終更新日
2016/02/21
●学名
Paeonia lactiflora
●科名
ボタン科ボタン(パエオニア)属
●花期
初夏
●生育地
東アジア、シベリア原産の多年草。
●特徴

古い時期に中国から薬草としてもたらされた。花はボタンに似て豪華で見応えがある。

●写真集

アズマシャクナゲシャクヤク 庭の春

●育て方

秋に植える。夏に西日の当たらない、肥沃で水はけの良いところが適地。繁殖は株分け。

●近縁種

ボタン (中国原産の落葉低木。)

ヤマシャクヤク (山地に生える高さ30〜60pの多年草。)

●和名
芍薬
●花言葉
内気、はにかみ、恥じらい
●参考図書
日本の野草(山と渓谷社)、花と木の名前(主婦と生活社)