ダルマギク

最終更新日
2016/09/11
●学名
Aster spathulifolius
●科名
キク科シオン属
●花期
8〜11月
●生育地
本州(中国地方)、九州に分布し、海岸の岩場などに生える25〜30cmの多年草。
●特徴

茎の下葉は倒卵形または円形で厚く長さ3〜9p、幅1.5〜5.5pで両面にビロード状の密毛が生え、先はまるく全縁かまたは多少の純鋸歯がある。頭花は青紫色で3.5〜4pある。総苞は半球形、総苞片は線形で3列に並ぶ。

●写真集
●育て方

日当たりと水はけ、風通しのよい場所に植える。

●近縁種

ゴマナ (本州の山地〜亜高山帯の林縁や路傍などに多く、草丈約1m前後。径1.5pほどの小さい白い頭花をぎっしりとつける。)

シオン (草丈は180cmくらいで、薄紫の花。)

シラヤマギク (九州以北に分布。下部の葉は心形で長い柄をもち、頭花は径2cm前後、舌状花数が少ない。)

シロヨメナ (高さ40〜80pの山地の林のふちや中に生える多年草。)

ノコンギク (各地の山野に見られる。草丈0.5〜1.5m。葉はざらつく。頭花は径約2.5p前後。舌状花は白〜赤紫色。)

●和名
達磨菊。盆栽状の草姿によるが、またとくにまるい葉をだるまにたとえたともいわれる。
●参考図書
日本の野草(山と渓谷社)