ヒメサユリ

最終更新日
2016/02/02
●学名
Lilium rubellum
●科名
ユリ科ユリ属
●花期
6月〜8月
●生育地

山形、福島、新潟県の県境付近の山地や深山の草原に分布する日本固有の多年草。

●特徴

高さ30〜80cm。6〜8月に淡紅色の花を咲かせる。
鱗茎は卵形で直径2〜3cm。茎は高さ30〜80cm。葉は広披針形で長さ5〜10cm。茎頂に数個の淡紅色で芳香のある花を横向きにつける。
地温が25℃以上になると休眠する。

●写真集

ヒメサユリの花ヒメサユリ 四季の山野草〜夏の野山

●育て方

耐暑性が低いので、西日を避けた通風、排水の良い場所が適する。

繁殖は実生による。
秋に種を撒くと、翌年音が伸びて球根を付ける。
三年目の春、一片の葉が地上に現れる。
四年目は一枚の葉が大きくなる。
五年目に茎が伸びて葉が、2,3枚つく。
六年目はその葉が5、6枚になり花が一輪開く。

●近縁種

オニユリ (日本各地に分布。平地の高原など人里近くに自生。コオニユリとの区別は非常につけにくく、葉腋にムカゴが付くのがオニユリ。付かないのがコオニユリ。)

カノコユリ (四国・九州に分布。海岸や渓谷の岩上に生える。しばしば崖などから垂れ下がるようにして咲く。)

クルマユリ (北海道・本州の近畿以北・四国の剣山に分布。亜高山帯の草原に自生。)

コオニユリ (北海道・本州・四国・九州に分布。山地に草地に生える多年草。)

ササユリ (葉が笹に似る。草地に生える多年草。)

ヤマユリ (近畿以東の本州中〜北部に分布。強い方向のある白い花を咲かせる。)

ヒメユリ (山地に生え朱赤色の花弁を持つ。)

●和名

姫小百合
別名オトメユリ

●花言葉
飾らぬ美、純潔
●参考図書
園芸植物(山と渓谷社)、山草図鑑(栃の葉書房)