沈丁花・ジンチョウゲ

最終更新日
2016/02/21
●学名
Daphne odora
●科名
ジンチョウゲ科ジンチョウゲ(ダフネ)属
●花期
早春
●生育地
中国原産の落葉低木。
●特徴

蕾は2月頃から色づき、ある日突然に甘い香りを漂わせて開花を告げる。外面が紅紫、内面が白い花がまとまって球状の花序をなす。

●写真集

ジンチョウゲの花シロバナジンチョウゲ 庭の早春

●育て方

成木は移植を嫌う。挿し木が容易なので子苗を準備しておく。

●近縁種

オニシバリ (葉が秋にでて夏に落葉する特徴がある。)

フジモドキ (別名チョウジザクラ。中国原産の高さ1mになる落葉低木で、他の種にない青紫色の花を咲かせ美しい。短命な植物。)

ミツマタ (中国〜ヒマラヤ原産。本州(関東地方以西)、四国、九州に分布する高さが2mほどの落葉低木。)

●和名
沈丁花。別名チョウジグサ。
●花言葉
永遠<
●参考図書
園芸植物(山と渓谷社)、花と木の名前(主婦と生活社)