露草・ツユクサ

最終更新日
2016/02/23
●学名
Commelina communis
●科名
ツユクサ科ツユクサ(コンメリナ)属
●花期
6月〜9月
●生育地
東アジアの温帯、暖帯に広く分布し、6〜9月にごくふつうに見られる。平地の林床や林縁、草原に生える。
●特徴

集散状に数花つき1個ずつ総苞から出て朝はやく開花し、午後にはしぼむ。花弁のうち2個は大きく青く、1個は小さく白い。白花、白覆輪、葉に白斑のはいるなどの植物分類上の品種がある。

●写真集

ツユクサの花ツユクサ

●育て方

春播きで、土質、場所を選ばない。繁殖は挿木も可。

●近縁種

オオボウシバナ (中国原産。大型で花も径4cmと大きい。)

トキワツユクサ (南アメリカ原産の常緑の多年草。暖地の林下などに見られる。)

ムラサキツユクサ (アメリカの東部から中西部に分布する。)

●和名
露草。
●参考図書
園芸植物(山と渓谷社)