ウラジロタデ

最終更新日
2015/11/08
●学名
Pleuropreropyrum weyrichii
●科名
タデ科ウラジロタデ属
●花期
6月〜10月
●生育地

北海道・本州の中部地方以北に分布。高山の砂礫地に生える雌雄異株の多年草。

●特徴

草丈は30〜100cm。花は黄白色で、枝分かれする花序を総状につくる。葉は卵形で、先端は尖る。裏面に白い綿毛を密生する。

●写真集

ウラジロタデの花ウラジロタデ 乗鞍岳

●育て方

地下茎が地中深く根を下ろすため、庭植えにする方が良い。丈夫な草なので、1度植え付け、風通しよく、日当たりの良い場所で管理すれば、それほど気を使わなくても育つ。

草丈が高くなりやすいので、できるだけ草姿をしめるようにする。

増殖は株分けによる。

●近縁種

オヤマソバ (日本固有種。北海道から本州の中部地方以北に分布。高山帯の砂礫地や岩場に生える。)

オンタデ ( 高山の砂礫地に生える多年草。 葉の裏に綿毛が淡緑色。 )

ヒメイワタデ ( 北海道に分布し、高山の岩場や砂礫地に生える 。)

●和名
裏白蓼。葉の裏面に白い綿毛を密生することから名がある。
●参考図書
山草辞典(栃の葉書房)