ヤマトユキザサ

最終更新日
2017/12/17
●学名
Smilacina viridifoca
●科名
ユリ科ユキザサ属
●花期
6月〜7月
●生育地

日本固有種。
本州の(山形・福島〜奈良県)に生え、亜高山帯〜高山帯の林床や林縁に映える多年草。

●特徴

茎は長さ50〜70p。葉は長さ10〜15p。雌雄異株。雄花は白色〜緑白色で、花被片は長さ約4mm。雌しべは花被片より短い。子房の発達は悪い。雌花は子房の先に短い花柱があり、3裂してそり返る。

●写真集

ヤマトユキザサの花ヤマトユキザサ 至仏山

●育て方

風通しの良い日当たり、夏は半日陰で管理する。
灌水は1日1回を目安に与えるが、過湿に注意する。
肥料は有機質肥料を置き肥するか、薄い液肥を付き1〜2回程度与える。
中深鉢に硬質鹿沼土か硬質赤玉土を混ぜた用土で植え付ける。

●近縁種

ハルナユキザサ (群馬県榛名山で発見された、茎は高さ1.5m、葉は長さ20cmに達する大型種。) 

ヒロハユキザサ (本州中部地方以北の山地の針葉樹林に生える多年草。)

ユキザサ (白色の小さな花を多数つける、山地の林内に生える多年草。 )

●和名
大和雪笹。和名は大和国(奈良県)にちなむ。
別名オオバユキザサ。 ミドリユキザサ。
●参考図書
高山に咲く花、山に咲く花(山と渓谷社)、山草図鑑(栃の葉書房)