センジュガンピ

最終更新日
2017/04/12
●学名
Lychnis gracillima
●科名
ナデシコ科マンテマ属
●花期
7月〜8月
●生育地

北海道、本種の中部地方以北に分布し、低山帯〜亜高山帯の林縁や林内に生える多年草。
日本固有種。

●特徴

高さ40〜100cm。花弁は白色。先は細かく切れ込む。葉の基部は丸く、先は細長くとがる。

●写真集

センジュガンピの花センジュガンピ

●育て方

5月中旬〜6月中に摘心すると、草丈低く側芽が出て花数も増え観賞価値が高まる。風などで茎が倒れないよう添え木をする。

用土は3〜15mm粒大の赤玉土4、軽石砂4に、腐葉土またはパーク堆肥2を配合する。根の成長が活発なためすぐに根詰まりするので、1〜2年に1回は植え替えする。

水やりは表土が白く乾くのを目安にたっぷりと与える。休眠期にも行うが控えめにする。
年間を通じて木漏れ日がさす程度の半日陰が適所。

殖やし方は挿し芽が一般的で5〜6月に摘心を兼ねて行う。あらかじめ用土を湿らせておき、先端より5〜7cmほど切り取って発芽促進剤を塗り、小粒の硬質鹿沼土に挿せばよい。株分けは植え替え時に行い、実生は採り蒔きするが、種子のできない種もある。

●近縁種

エゾセンノウ  (別名、エンビセンノウ。北海道と長野県軽井沢の山地の林縁や草原に自生。高さ20〜80cm。花期は7〜8月。)

エンビセンノウ (北海道・本州の埼玉・長野県の山の草原に自生する。高さは50〜80cmで、7〜8月に深い切れ込みのある朱紅色花を咲かせる。)

オグラセンノウ (本州の岡山県以西と九州の湿原に生育。高さ60〜100cm。花期は7〜8月。)

フシグロセンノウ (本州の太平洋側の温暖な地帯に分布し、林床や樹陰に自生する。)

マツモトセンノウ (別名ツクシマツモト。九州の阿蘇のやや湿った草原に自生。高さ30〜90cmで、6〜8月に花径約4cmの美しい花形の深紅色花を咲かせる。)

●和名

千手岩菲。

●参考図書
高山に咲く花(山と渓谷社)、山草図鑑(栃の葉書房)