テガタチドリ

最終更新日
2018/04/05
●学名
Gymnadenia conopsea
●科名
ラン科テガタチドリ属
●花期
7月〜8月
●生育地
北海道、本州(中部地方以北)、ユーラシア北部に分布し、亜高山帯〜高山帯の草地に生える。
●特徴

高さ30〜60cm。葉は長さ8〜16cm。萼片と側花弁は長さ4〜6mm。塊根は掌状に分裂。葉は長さ9〜16cm、6〜10個。

●写真集

テガタチドリテガタチドリ 白馬・栂池

テガタチドリの花テガタチドリの花

●育て方

大形で明るい花色は豪華で見応えがあり、観賞価値は高いですが。寒冷地以外での栽培は困難で2〜3年で元気を失い枯れてしまいます。

●近縁種

シロバナテガタチドリ (テガタチドリの白花品。)

ノビネチドリ (北海道南部、本州中部地方以北の亜高山帯の樹林内に自生する。)

ミヤマモジヅリ (北海道、本州中部地方以北と四国に分布。)

●和名
手形千鳥。和名の手形は、塊根の形による。
別名チドリソウ。
●参考図書
高山に咲く花(山と渓谷社)、小型野生らんを楽しむ(栃の葉書房)