ダイコンソウ

最終更新日
2015/10/31
●学名
Geum japonicum
●科名
バラ科ダイコンソウ属
●花期
7月〜8月
●生育地

日本各地に分布。山地や高原の林縁に生える多年草。

●特徴

高さ30〜60cm。分枝した枝の先に黄色で径約2cmの5弁花を頂生する。根生葉は羽状複葉で、頂小葉は広卵形で大きく、側小葉は小さい。花後、花柱に付く腺毛の先がカギ状に曲がり、動物などに付く。

●写真集

ダイコンソウの花ダイコンソウ 日光・白根の高山植物

●育て方

春から日によく当て、夏のみ半日蔭で育てる。

肥料は花後に置き肥をするほか、時々液肥を与える。

植え替えは早春か秋に行い、硬質鹿沼土:軽石などを混合した用土で植えつける。

増殖は株分けがよい。

●近縁種

オオダイコンソウ (北海道、本州の中部地方以北に分布し、ダイコンソウに似ているが、全体にやや大型で、あらくて長生が多い。)

チョウノスケソウ (高山帯の砂礫地や岩隙に生える落葉小低木。)

チングルマ (本州中部以北と北海道、千島、樺太、アリューシャン列島、カムチャッカ半島などに分布する。)

ミヤマダイコンソウ ( 北海道・本州の近畿地方以北、四国の石鎚山に分布し、高山帯に生える。)

●和名
大根草。根生葉がダイコン(アブラナ科)の葉に似ているため名が付いた。
●参考図書
山草辞典(栃の葉書房)