クロバナロウゲ

最終更新日
2017/06/24
●学名
Comarum palustre
●科名

バラ科クロバナロウゲ属
(キジムシロ属クロバナロウゲ亜属として、扱われることも多い。)

●花期
7月〜8月
●生育地
北海道、本州(東北地方、尾瀬、日光、北アルプス)、周北極地方に分布し、亜高山帯の湿地や湿原に生える多年草。
●特徴

高さ30〜60cm。小葉は細長い楕円形、表面は白く、絹毛がある。

●写真集

クロバナロウゲクロバナロウゲ 栂池自然園

●育て方

-

●近縁種

シナノキンバイ (北海道・本州中部地方以北に分布。高山帯の湿り気のある草原に自生。花は似ているが、キンポウゲ科である。)

チシマキンバイ (北海道から千島、樺太の原産で花が大きい。海岸の岩礫地などに自生。)

ヘビイチゴ (日本全土に分布。田のあぜやや湿った草地に生える多年草。)

ミツバツチグリ (本州〜九州に分布。山地帯や平地に自生。)

ミヤマキンバイ (高山の岩地や草に生える多年草。)

●和名
黒花狼牙。
●参考図書
高山に咲く花(山と渓谷社)