トネアザミ

最終更新日
2017/04/04
●学名
Cirsium mipponicumu var. incomptum
●科名
キク科アザミ属
●花期
9月〜11月
●生育地

関東地方でもっとも普通に見られる1〜2mの多年草。中部地方や近畿地方にも産する。

●特徴

頭花は紅紫色で、しばしばやや長い柄があり、花の基部にはときに1〜2個の線形の苞葉がある。
母種のナンブアザミに比べ葉と総苞の刺が太く長いので区別できる。

●写真集

トネアザミの花トネアザミ 日光・白根

アザミ図鑑としては、国立科学博物館の日本のアザミが秀逸。

●育て方

-

●近縁種

オゼヌマアザミ (尾瀬の湿原に群生する高さ50〜100cmの多年草。)

オニアザミ (本州(東北・中部地方の日本海側)に分布。山地に生える多年草。)

シコクアザミ (頭花が少し大型で、縁辺の小花は花時には開出し、総苞片が少し長い。)

ジョウシュウオニアザミ (ニッコウアザミとオニアザミの雑種とされる。)

ダイニチアザミ (本州(頸上山地天狗原山、白馬山系)に分布し、亜高山帯〜高山帯の開けた草地に生える多年草。)

ナンブアザミ (トネアザミの母種。あちこちの山地や草原に生える多年草。)

ナンブタカネアザミ (本州(栗駒山、月山、朝日岳、飯豊山、吾妻山、秋田県須川温泉)に分布。高山帯の開けた草地に生える多年草。)

ニッコウアザミ (東北南部〜中部地方に分布。葉身が2回羽状に深裂する。)

ノアザミ (本州から九州の野山に自生する。高さ50〜100cm。花期は5〜8月。)

ノハラアザミ (草原に普通にみられる40〜100cmの多年草。頭花は紅紫色で、枝の先に直立してつく。本州(中部地方以北)に分布。)

ハッポウアザミ (長野県八方尾根の蛇紋岩地の草原に生え,紅紫色の花を下向きに咲かせる多年草。)

フジアザミ (本州の関東・中部地方の特に富士山周辺に多い大型種。花期は8〜10月。白花種もある。)

ヨシノアザミ (母種のナンブアザミに比べ、頭花はやや小さく、総苞片や刺が短いので区別が付く。) 

●和名
利根薊。
別名タイアザミ。
●参考図書
日本の野草、山に咲く花(山と渓谷社)