ミヤマトリカブト

最終更新日
2016/09/18
●学名
Aconitum nipponicum ssp. nipponicum var.nipponicum
●科名
キンポウゲ科トリカブト属
●花期
8月〜9月
●生育地

本州の月山、朝日山地、飯豊山、北アルプス、白山に分布し、亜高山帯〜高山帯の草地に生える多年草。日本固有。

●特徴

上萼片は円錐形で、くちばしは長くのび、雄しべと雌しべはふつう無毛。花柄全体に屈毛がある。葉は3深裂〜中裂する。
高さ50〜120cm。葉身は長さ幅ともに6〜13cm。終裂片は幅3〜6mm。萼片は外側に曲がった毛。内側に直毛を散生する。

●写真集

ミヤマトリカブトの花ミヤマトリカブト 栂池自然園

●育て方

日当たり、夏は風通しの良い半日陰で管理する。

灌水は過湿にならないよう注意する。

肥料は春・秋に置き肥をする。

植え替えは3月頃、新芽が動く前に行い、赤玉土・硬質鹿沼土の混合土などで植え付ける。

増殖は株分け・ 実生によるが、猛毒なので扱う時には注意する。実生は採り播きして開花まで3年ほどかかる。

●近縁種

ミヤマトリカブトとヤチトリカブトの違い

ミヤマトリカブトの花柄

ミヤマトリカブト
花柄全体に屈毛がある。

ヤチトリカブトの花柄

ヤチトリカブト
花柄に開出毛(茎に対して直角に生える毛)がある。


イブキトリカブト (近畿地方の日本海側山地に分布する種類。)

エゾトリカブト (北海道中央部に分布する。毒性が強い。)

オオレイジンソウ (亜高山帯から高山帯の湿り気のある草地に生える多年草。レイジンソウより全体に大きく、淡黄色の花をつける。)

オクトリカブト (ヤマトリカブト群のひとつで、北日本に分布する。)

カワラブシ (関東地方西部〜中部地方の太平洋側と紀伊半島に分布。)

キタザワブシ (本州の日光、八ヶ岳、南アルプス北部、中央アルプス、御嶽山に分布する。)

タンナトリカブト (ヤマトリカブト郡で西日本ではもっともふつうの種類。)

ツクバトリカブト (筑波山で発見された。東北地方南部の太平洋側から関東地方のほぼ全域と中部地方内陸部の高原に分布。)

ナンタイブシ (赤城山、日光、足尾山地分布する。)

ハナカズラ (日本で唯一のつる性トリカブトで、分類の難しいトリカブト類でも、他種と混同することはない。絶滅危惧植物。)

ホソバトリカブト (日光白根山、中央アルプス北部、八ヶ岳、南アルプスに分布する。)

ヤチトリカブト (亜高山帯から高山帯の湿った草地に生える多年草。)

ヤマトリカブト (関東地方西部と中部地方東部の特産。)

レイジンソウ (明るい林の中や山地の草原に生える多年草。淡紅紫色の花をつける。)

●和名
深山鳥兜。
花の形が舞楽奏者の冠(鳥兜)に似ていることからトリカブトの名がついた。
別名オチクラブシ。ホクロクトリカブト
●参考図書
高山に咲く花(山と渓谷社)、山草図鑑(栃の葉書房)