チシマフウロ

最終更新日
2018/01/14
●学名
Geranium erianthum
●科名
フウロソウ科フウロソウ属
●花期
7月〜8月
●生育地

北海道、本州(青森県深浦町、八甲田山、経塚山、鳥海山)に分布し、高山帯の開けた草地に生える多年草。

●特徴

花は紅紫色。直径2.5〜3p。萼片に長毛が密生。茎や葉柄に下向きの伏毛が密生する。高さ20〜50p。葉身は掌状に5〜7裂、裂片はさらに3出状に切れ込み、表面とふち、裏面脈状に長毛がある。花は茎頂に10数個が集散状にかたまってつき、花柄には下向きの屈毛と開出する長毛が密生し、腺毛がまじることもある。花柱の合着部は長さ6〜8mm、花柱分枝は2〜3mm。

白花品はシロバナノチシマフウロという

北海道の中央高地に花の色の薄い群があり、トカチフウロと呼ばれているが、この学名はまだ正式に発表されていない。

●写真集

チシマフウロの花春の庭

●育て方

水はけのよい山砂を主体に、桐生砂、赤玉土を少し混合した用土に植える。
日光を好むので南向きの風通しの良いところに置く。
根張りがよいので、一年に一度は植え替えする。
肥料を好むので、薄い水肥を真夏と梅雨時を避けて、月1〜2回与える。
殖やし方は種子ができにくいので株分けをする。

●近縁種

アサマフウロ (濃い紅紫色の美しい花で、本州の中部地方に分布する。、)

グンナイフウロ (タカネグンナイフウロの母種。茎や葉柄、花柄に開出毛と腺毛がある。花は紅紫色で濃淡があり、直径約3cm、茎頂に集散状に10数個つく。)

ゲラニウム・マクロリズム (ヨーロッパからコーカサス山脈に分布する多年草。)

ゲンノショウコ (日本各地に分布する。古くから下痢止めの薬草として用いられている。)

タカネグンナイフウロ (タカネグンナイフウロは山地に生えるグンナイフウロの高山型。茎や葉柄、花柄に開出毛と腺毛がある。花は紅紫色で濃淡があり、直径約3cm、茎頂に集散状に10数個つく。)

ツクシフウロ (国内では阿蘇山、くじゅう連山に分布するが、生育地の開発、盗掘などにより個体数が減少している。絶滅危惧TB類。)

ハクサンフウロ (本州中部地方以北の高山から亜高山帯にに分布する、高原や高山の草地に生える多年草。)

●和名
千島風路。
●参考図書
日本の高山植物(山と渓谷社)、趣味の山野草・栽培大辞典(鞄ネの葉書房)、山野草大百科(講談社)