エイザンスミレ

最終更新日
2017/12/10
●学名
Viola eizanensis Makino
●科名
スミレ科スミレ属
●花期
3月〜5月
●生育地

日本の特産種。東北地方から九州南部まで分布する。日本海斜面には少ない。日本には2種しかない裂け葉のスミレのひとつであるが、ヒゴスミレが明るいところに自生するのと異なり、湿気のある、半陰地の樹林化に自生する。

●特徴

葉は長さ3〜5pで三裂し、さらに2回分かれて鳥足状となる。夏葉はこれがスミレかと思う程、大きく意外な姿になる。花は丸弁で、大輪、鑑賞的価値があり、花色は淡紅色から紅色、白色に近いものまで、変化が多い。ときに芳香がある。側弁は有毛。距は長さ6〜7oで太い。

●写真集

エイザンスミレエイザンスミレ 野山の春

●育て方

栽培は容易でよく殖える。

●近縁種

オオバキスミレ (北海道から近畿地方までの、主に日本海側の多雪地に生える。)

オオタチツボスミレ (日本各地に分布するが、日本海側に多く見られる。大柄で、距は白色。)

キバナノコマノツメ (北海道・本州の中部地方以北・四国に分布、高山帯の湿り気のある草地に自生。)

ジョウエツキバナノコマノツメ (谷川岳と至仏山の蛇紋岩地に生えるキバナコマノツメの変種。)

スミレ (日本全国に分布し、日当たりのよいところに生える多年草)

タチツボスミレ (日本全国の山野に分布。低地〜山地に群生する。最も普通に見られるスミレ)

ナガハシスミレ (本州北部〜鳥取県ノ日本海側の山地に自生。長い距が特徴。花期は4〜5月。基本種は北アメリカ産。)

ニオイタチツボスミレ (北海道の函館から九州の屋久島まで、ほぼ日本全土の日当たりのいい草地などに生える。)

パンジー (花径10〜12cmの超巨大輪種、大輪種、中輪種、ビオラと呼ばれる小輪多花性種がある。)

ヒゴスミレ (東北地方から鹿児島まで分布するが、日本海斜面には少ない。明るい疎林下に生える。)

ヒトツバエゾスミレ (関東の一部に自生する。葉の切れ込みの少ない品種である。)

ミヤマキスミレ (北海道から中部地方以北の日本海側に生える。)

ヤクシマスミレ (徳之島、奄美、屋久島、沖縄本島北部に生える小型のスミレ)

●和名
叡山菫。和名は比叡山に生えるスミレの意味である。
●参考図書
園芸植物(山と渓谷社)、日本の山野草(NHK出版)