ナガハシスミレ

最終更新日
2017/12/10
●学名
Viola rostrata var.japonica
●科名
スミレ科スミレ属
●花期
3月〜5月
●生育地

主に本州の日本海側の山地の木陰に生える多年草。

●特徴

地下茎は木質化してかたい。葉は円心形で長さ2〜4cm、先はとがり、ややつやがある。葉柄のつけ根に羽状の切れ込んだ托葉がある。花は淡紫色か淡紅紫色で径約1.5cm。花柄の上部に小苞がある。
母種は北アメリカ東部に分布する。

●写真集

ナガハシスミレの花ナガハシスミレ 駒止湿原

●育て方

風通しの良い日当たり、夏は半日蔭で涼しい場所で管理する。

灌水は春・秋は1日1回を目安に充分に与える。冬は用土が乾かない程度に行う。高温多湿を嫌う。

赤玉土などで、深めの鉢に植え付ける。

植え替えは秋か開花前に行う。

増殖は実生と根伏せができる。

●近縁種

エイザンスミレ (本州〜九州の山地の木陰に自生。花は大型で淡紅紫色か白色花もあり、葉の切れ込みが大きく芳香がある。花期は4〜5月。)

オオタチツボスミレ (日本各地に分布するが、日本海側に多く見られる。大柄で、距は白色。)

オオバキスミレ (北海道から近畿地方までの、主に日本海側の多雪地に生える。)

キバナノコマノツメ (北海道・本州の中部地方以北・四国に分布、高山帯の湿り気のある草地に自生。)

ジョウエツキバナノコマノツメ (谷川岳と至仏山の蛇紋岩地に生えるキバナコマノツメの変種。)

シロバナナガハシスミレ (白崎重雄氏によって純白色のナガハシスミレが発見されている。)

スミレ (日本全国に分布し、日当たりのよいところに生える多年草)

タチツボスミレ (日本全国の山野に分布。低地〜山地に群生する。最も普通に見られるスミレ)

ニオイタチツボスミレ (北海道の函館から九州の屋久島まで、ほぼ日本全土の日当たりのいい草地などに生える。)

パンジー (花径10〜12cmの超巨大輪種、大輪種、中輪種、ビオラと呼ばれる小輪多花性種がある。)

ミヤマキスミレ (北海道から中部地方以北の日本海側に生える。)

ヤクシマスミレ (徳之島、奄美、屋久島、沖縄本島北部に生える小型のスミレ)

●和名

長嘴菫。和名と別名は、花の距が1〜2.5cmと細長く、目立つことから長嘴、天狗と名づけられた。
別名テングスミレ。

●参考図書
日本の野草(山と渓谷社)、山草図鑑(栃の葉書房)